鴨肝臓:フォアグラ ミュラー種 ムラー種 チェリバレー種(合鴨)

 

〈歴史〉

2000年以前より、フォアグラはすでにエジプト地域で食べられてました。フォアグラの起源は定かではありませんが、渡り鳥の観察より飼育の知恵を得たを言い伝えもあります。

文字として、確認されたのは大プリウスが書いた「博物史」の内容より、古代ローマではイチジクをガチョウに与え、飼育を行い料理として提供されていた。さらに、工夫と試作で色んな調理方法がこの時代に生まれた。

ローマ帝国が崩壊後、いったんフォアグラ産業は衰退したが、美食の象徴でもあるため、徐々に復活を遂げ、ルネサンス時代で一つの産業として、成し遂げた。

〈産地〉

フランスの生産量が世界一と言われているが、フランスの生産量の半分以上はハンガリー産である一説もあるので、実質ハンガリーが世界一フォアグラの生産地となります。

 

鴨胸:マグレドカナール・フィレドカナール ミュラー種 ムラー種

フォアグラの採収鴨の鴨ロースであります。以前は食用でポピュラーではなかったが、あまりの美味しさに近頃は高級鴨ロースとして再登場しています。フランス料理のメインとして、扱うまでなってきました。脂がジューシで、鴨肉の味もしっかりしている為、洋食向きです。

ワインとの相性も抜群です。

 

鴨胸:チェリバレー種 鴨ロース

通常の合鴨ロースになります。産地もたくさんございます。ハンガリー、ブラジル、タイ、マレーシアなどなどございます。

マグレカナールと比較して、脂が薄く、味もあっさりの為、和食には向きます。

 

鴨肉の栄養 

鴨肉の鴨脂は不飽和脂肪酸の含有量が高いことが特徴です。高血圧と動脈硬化の方にも良いと言われています。疲れた時に鴨肉を食べれると疲れが取れます。冬に鴨肉を食べることも、実は一年かの疲れを取るためであります。

 

【フォアグラ、マグレカナール、鴨肉簡単レシピ】

フォアグラレシピ

1、冷蔵庫でゆっくり解凍します。

2、解凍後に表面の血合いと血管をトリミングします。

3、ソテのケース

フォアグラに塩を振り、フライパンを温め、まず中火で半面を焼きます。焼き目が付きましたら、裏返して、裏面も焼き目がつくまで焼きます。

※焼きすぎるとフォアグラの面積が失ってしまいますので、ほどよい焼き頃がベストです。

4、仕上げにソースをかけるか、塩コショウのみでもおいしく召し上がれます。

 

マグレカナール レシピ

1、冷蔵庫でゆっくり解凍します。

2、解凍後、脂の面に切り目をいれます。

3、まず脂の面から焼きます。10~15分、中火でじっくり焼きます。

4、裏面も5分程度を焼きます。

※オーブンがお持ちの方は、オーブンでの仕上げもお勧めします。

 

 

 

 

 

 

ハンガリー産 鴨肉・フォアグラのことなら、M&Y株式会社まで問い合わせをお待ちしております。